スポンサーサイト

0
    • 2016.10.31 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    大会の水量規定について

    0
      こんばんは。委員長のしゃもです。
      このブログを更新するのももうほとんどないと思うと、すこし寂しく思っています。

      リバベンはいよいよ明日を本番に控え、現在水上には続々と選手のみなさんが集まってきていますね。
      日頃の練習の成果を発揮できる良い大会になるよう、オフィシャルも力を合わせて最終調整を行っているところです。
      時間的にはそろそろ受付が始まります。20〜24時受付時間に間に合うようでしたら、焦らずお越しください。

      さて、選手の皆さんの気になるところと言えば、なかなか落ち着かない水量が一つ大きなものとして挙げられると思います。
      ダムの方にもお聞きしましたが今年の冬は雪が多く、春から急に暖かくなったため例年よりも雪解け水が多いそうです。
      おそらく、明日、明後日の本番も現在(湯原3.74)と同じ程度が予想されます
      そこで、大会要綱ではスラロームの中止水位を3.7未満としましたが、この基準を上げることをオフィシャル内で決定いたしました。
      理由としては
      ・選手の皆さんが頑張ってきたスラローム練習を無駄にしたくない。
      ・大会要綱を作った時期にはわからなかったが、スラロームを行うAKIKOの形が変わり、去年に比べ今年は瀬の危険度が下がったと実際にオフィシャルが下って判断した。


      という点が挙げられます。
      明日の水位について微妙な判断を迫られる場合を想定し、決定を二転三転させて混乱を招くのを防ぐため明確な数字は現在は提示いたしません。
      ただ、大きな水位変動がない限り、なるべく大会を予定通り行えるよう最善を尽くすつもりです。
      私たちも円滑な運営のため努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

      文責@しゃも

      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM